5ページ目 | キッズ料理レッスン

子どもの好き嫌い克服におすすめの料理

青空キッチン武蔵浦和校
11月は手作りピザからスタートです!



お顔になってる♡



小麦粉こねこね♪
子どもたちが大好きな工程です^^




こねた生地を伸ばして
ソースをぬって…
まるでピザ屋さんみたい!





この日のピザに使った具材は
きのこ&ピーマン(あと、ツナ)



お子さんの苦手率の高い2品ですが
ピザの具として、ソースやチーズと一緒に食べると
意外と食べられる子も多いんです。



レシピには
「ピーマンは輪切りにする。」
と書いてありましたが、
そこはあえて気にせずに…

自分の食べやすい形に切っていいよ
と伝えました。



これ全部、幼児さんがひとりで切ったんですよ^^



細く切る子、小さく切る子

中には
そんなに大きくて大丈夫!?
という子もいましたが

みんな自分で切ったピーマンを
しっかり食べてくれました。



『少し減らしてもいい?』と、自分で食べられる量を考えて盛り付けができたKちゃんも、とっても立派!

 

 



家では食べないものも
青空キッチンでなら食べられる

そんなお子さん、実は多いです。

青空キッチンのお料理は

自分で作ったから(愛着がある♡)
みんなで作るのが楽しかったから
お友だちと一緒に食べるから


いろんな魔法がかかっているんです。


お家に帰ったら
魔法が解けちゃうかもしれない。

また、○○キラ〜イ!
に戻ってしまうかもしれない。

でも大丈夫!
『あの時、食べられた』
『ひとつなら食べられる』

その自信を積み重ねて行くことが大事。

そうやって
成功体験を繰り返していくことで
少しづつ好き嫌い克服につながっていきますよ。


 

空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 

青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら


骨付き魚の食べ方、知っていますか?

サンマです!



こうして見ると、漢字で
「秋刀魚」と書くのが納得ですね。

細くて長くて銀色に光ってて
本当に刀みたい!

『サンマソード!』
『魚の呼吸、壱の型!』

子どもたちならではの発想力が
なんとも微笑ましいです^^



青空キッチンのレッスンに
サンマの塩焼きが登場しました。



骨付きのお魚って
食べるのに時間がかかるし
子どもさんは骨を嫌がるし

お家で食べるには
ちょっとハードルが高いかもしれませんね。


給食でもまず出てきませんし。



低学年クラスの生徒さんは
ひとり1/2尾ですが

高学年さんはまるっと1尾。
内蔵を取り出すのにも挑戦してもらいました。



うわぁ!サンマと目が合った!



これからサンマのオペをはじめます(?)





サンマの内臓は食べることもできますが
ちょっと苦いので
今回はキレイに取り出します。



キッチンバサミで切れ目を入れると、やりやすいですよ。

 





低学年クラスの生徒さんも
お魚に触るのにチャレンジ!



『血が出てる〜』『口が開くよ!』
それぞれ発見があったようです。






お魚は頭を左向きに置いてね〜



さて、
おいしそうに焼けた秋刀魚ですが
問題はここから…

骨付きのお魚を食べるには
まず魚の背骨に沿って
お箸でちょんちょん、切れ目を入れます。

そして、上の身を食べ終わったら
骨を外して裏側の身を食べます。

Let's challenge!




この食べ方って、
魚の体の構造が理解できていないと
難しいんですよね。

『(骨付きの魚)食べるのはじめて〜』

という子が大半でしたが
みんな良く頑張っていたと思います。


この日、
たまたま体験レッスンに参加していた
Aちゃんのお母さんは

『家ではやったことがなかった
 貴重な経験ですね』

と言って下さり、その日のうちに
入会を決めて下さいました。



活用する機会は少ないかも知れないけど
知っていて欲しい和食のマナー。

今のうちから学んでおけば
大人になってから恥ずかしい思いを
しなくてすむかも知れませんね。



ちなみに、この日のご飯は
新米を土鍋で炊きました。



お米の粒がつやつやでした(*´∀`*)



レッスン台の上に置かれた土鍋を見て

『やったー!今日は土鍋ご飯だ!』

とくちぐちにする子どもたち。

土鍋で炊いたご飯のおいしさを知っている小学生も、とっても素敵ですね。

 

空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 

青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら


ゼリー作りは算数の時間!?

こんなお洒落なゼリーが自分で作れたら
なんだか嬉しくなっちゃいますね!



青空キッチンのおやつレッスンで
「レインボーゼリーカップ」を作りました。



おやつレッスンでは、計量をしたり
等分に分けたりする機会が多いです。

こちらの小学2年生コンビ、
ちょうど算数で「ml」の勉強をしているんですって。

ひとり100mlのジュースを
それぞれ二人分量ります。



『100×2だから、200mlでしょ』
『知ってるよ、ミリリットル習ったもん
 簡単、簡単!』

どことなく自信満々で計量する姿が
かわいくてかわいくて♡


学校で習ったことが実践で活用できる。

そんな気付きが得られれば
学習の意欲も増しますね^^



砂糖はしっかりすり切って…計ったジュースはお鍋で火にかけ、ゼラチンを溶かします。




今回のゼリー作りで
いちばん盛り上がったのは、ここ!

バットで冷やし固めたゼリーを
思いっきりクラッシュ!!



『ぷるんぷるんしてる〜』
『キラキラして宝石みたい♪』


カップに流して固めただけでも
もちろんおいしいゼリーはできますが

青空キッチンのレシピは
子どもたちが夢中になれるポイントを
しっかり抑えているんです(^^)



クラッシュしたゼリーは
仲良く半分こに。

2つに分けたうちのひとつを
1/2」とも言うよね!




オレンジとぶどうの2色のゼリーは
まるでハロウィンカラー。
この時期にぴったりのおやつが完成です。



2人ともキレイに飾り付けできました♪


 

空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 


青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら


包丁でチャレンジ!果物の皮むき練習法

包丁でリンゴや梨の皮をむく。
お子さんが何歳くらいから任せられるでしょう?


青空キッチンのおやつレッスンでは
包丁を使った皮むきの練習もします。

こんな感じに^_^



こちらの写真は通学歴も長い
高学年クラスの生徒さんなので
比較的安心して見ていられますが

これをお家で実践するとなると
お母さん方にはドキドキハラハラかもしれませんね。



リンゴはやや硬めなので
初めての皮むき練習には
キウイフルーツをおすすめします。



キウイは1〜2cm幅の輪切りにします。

包丁は根本の方を握り
皮に右手の親指を添え
矢印の方向に
親指で皮を引っ張るよう動かします。

包丁を動かすのではなく
あくまでも皮を引っ張り
キウイを動かすことを意識してみて下さい。



キウイフルーツは実がやわらかく
スプーンや食事用のナイフでも 
スルッとむくことがでるので

包丁でチャレンジする前に
そういったもので感覚を掴んでおくのも良いと思います。



9月のレッスンでは、小学生さんは
梨の皮むきに挑戦しました。



高学年クラスさんは
初めて丸いままの果物の皮むきです。

梨もリンゴよりは実がやわらかいので
むきやすい部類ではありますが
やっぱり緊張はしますね。


むき終えた時のこの笑顔♪
緊張からの開放感と
やり切った達成感が伝わってきます。



こんなに長くむけた〜!さすがは6年生さん^^



くし型に切り種を除けば
見慣れた梨の形になってきました。



『お母さん、いつも梨むくのこんなに大変だったんだ〜』

そんな感謝の気持ちも持てたようです。



低学年クラスの生徒さんは
このくし切りの状態からスタートします。




これだとサイズ感が分かりづらいので
下のリンゴの写真をご覧下さい。



リンゴを4つ割りにしたものを
更に4等分にしています。

かなり薄めのくし切りですが
練習の時は、包丁で1回で
むききれるくらいの幅にしてあげると
お子さんでもやりやすいです。

この時も包丁を動かすのではなく
右手の親指で皮を引っ張るイメージを
忘れないで下さいね。



特に1、2年生さんは
まだ動きもぎこちなく
思わず手なり声なり出てしまいそうになるのですが

何度か繰り返しているうちに
自然とコツをつかんできます。


この皮むきがあるレッスンの時は
先生も内心ハラハラしています。でも

子どもたちを信じる!
この子たちはきっとできる!

大人が不安に思っていると
子どもたちはそれを感じとったりしますからね。

信じて見守ること
これが一番大切なことかもしれません^^




 

空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 


青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら


きのこ好き嫌い克服法

そんなものがあったらいいのにな〜

なんて思っているお母さん方も
たくさんいらっしゃるのではないでしょうか


青空キッチン武蔵浦和校
9月のメニューは
「きのこの炊き込みご飯」



土鍋で炊くから
いっそう美味しいんです♪



青空キッチンの生徒さんでも
きのこが苦手な子はけっこういます。

でも

ここ(青空キッチン)に来るようになって
家でもきのこを食べるようになった

そんな生徒さんも本当に多いんです。


レッスンでは、まず
きのこと触れ合うことから始めます。



『このきのこのお名前は?』
『触ったらどんな感じ?』


もしきのこが苦手な子がいたら
切り方も本人たちに任せます。

『自分が食べられると思う大きさに切っていいよ』



がんばってみじん切りにしているクラスもありました^^;



「わぁ、切るの上手!」
「○○くん、天才!」
「なんだか良い香りがするね〜」

こんなプラスの言葉かけも大事。



土鍋のフタからぷっくり大きなシャボン玉♪



タイマーを握りしめ、炊きあがりが待ちきれない!




幼児クラスさんは
きのこのぬり絵を楽しんでみたり。



きのこと親しくなったところで
いよいよ試食タイム。


自分で作ったから
お友だちと一緒に食べるから
お家とは違う土鍋で炊いたから

理由はそれぞれだと思いますが、
きのこを一口も食べられなかった子はゼロ。


教室に入って来るなり
『きのこ嫌〜い』
と言っていた小学生さんは
おかわりまでしていました^^




幼児クラスのYちゃんは、
青空キッチンのレッスンで
「あんかけ焼きそば」を作ってから

それまで苦手だったきのこが
食べられるようになったんだそうです。



お口を大きくしてほおばって
ちょっと得意げ(?)なお顔が可愛いですね


『○○、しいたけ好き!』

の言葉に先生は
ニッコニッコのお顔になりました♡


お子さんの好き嫌いにお困りでしたら
一度、青空キッチンにいらしてみて下さいね。


 

空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 

青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら