料理を通じて地理に詳しくなるレッスン

武蔵浦和校、9月のラストは
お好み焼きです!



お好み焼きといえば、やはり
大阪のイメージでしょうか。


高学年クラスの生徒さんは
「しいたけ出汁」のおみそ汁も作りました。



私も何年か前まで知らなかったのですが
しいたけの栽培が盛んな大分県では

汁物のお出汁には
干ししいたけの戻し汁を使うのだそうです。

だから、今日のおみそ汁は「大分風」。

同じ日本でも、場所が変わると
その地方独特の食べ物や食べ方がある。

日本の食文化って本当に面白いです^^



そんな切り口から、小学生さんのワークは
日本地図を見ながらのお勉強。





お好み焼きで有名な大阪はどこかな?
みんなの住んでいる埼玉県は?
おじいちゃんやおばあちゃんの家を探してみよう!





都道府県は小学4年生くらいで習う子が
多いと思いますが

こうして身近な題材から
親しみをもっておけば
いざ学校でのお勉強が始まったときにも
苦手意識をもたずに取り組めるかもしれませんね。



もうひとつの問いは
『自分の住んでいる都道府県の自慢できるところを書きましょう』

これ、埼玉県って毎回悩むんです。

青森県なら「りんご」!
茨城県なら「納豆」!

埼玉だから「これ」!という名物が
正直あまり思いつかない…


なので、
子どもたちからどんな意見がでるか
一緒に考えるのを楽しんでいます。


深谷の「ねぎ」や岩槻の「ひな人形」
「草加せんべい」といった有名どころを
答えてくれた子もいましたし


他にも
大好きな浦和レッズがあること
公園がたくさんあること
住んでいる人がみんなやさしいところ!

各々が自分の住んでいる地域の
いいところを教えてくれました。

地元の良いところに目を向け
愛着を持てるのは、とてもいいことです。
どの回答も大正解!!




ちなみに、埼玉県は小松菜の生産量が
全国1位だってご存知でしたか?




先週のおやつレッスンでは
「小松菜バナナスムージー」が登場したので
参加した子たちには

埼玉県は小松菜がたくさん採れるんだよ
日本一なんだよ!


…とお話しておきました。


誰か覚えていてくれたらいいな〜
なんて思っていたら

小学2年生のMちゃんが
ワークの回答に書いてくれたんです!



先生、すごく嬉しかったよ♡

こんなところも、継続型の習い事の
良い点だなぁと思います。




お料理の腕前だけじゃない
いろんな成長がみられる青空キッチンのレッスン
やっぱりステキだな~


 

青空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 

青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら


お月見には何を食べる?簡単行事食

9月に入ってから
ぐっと涼しい日が増えましたね。
季節は秋に近づいているんだなぁと感じます。


秋の行事の一つに「お月見」があります。
「十五夜」や「中秋の名月」と呼ばれたりもしますが

子どもたちには月見という言い方のほうが
馴染みがあるみたいですね。


武蔵浦和校では
秋をちょっと先取りして
みんなで月見バーガーをつくりました^^



「こうしたら映えるでしょ?」とお洒落に盛り付けてくれた小学4年生さん♪

 


さてさて、この、バンズの大きさに
シンデレラフィットのまん丸目玉焼き
いったいどうやって作るのでしょう??



秘密はこれです!



ブレスレットじゃないですよ。
輪切りにした玉ねぎです。

玉ねぎの輪っかを型のようにして
真ん中に卵を流すんです。




いちばん外側のリングだけを
きれいに外すには
ちょっとコツがいります。

グッと力を入れないと
中身が抜けないけれど

力が強すぎるとせっかくの輪っかが
壊れてしまいます。

形が崩れないように優しくそーっと


他にもパンがつぶれないように
やさしくバターを塗ったり





スライスチーズのフィルムをそっとはがしたり


(これ、小さいお子さんには案外難易度の高い作業です)



お料理作りの中には
力の強弱を学ぶポイントもたくさんあるんですね。



卵を割るのも、
みんな上手になっていました^^





目玉焼きというのは不思議なもので
どんなお料理に合わせても美味しいし

乗せただけでちょっと豪華なメニューに
変身します。


うどんに卵を落として「月見うどん」
なんて名前のお料理があるくらいです

ハンバーグでもカレーライスでも
目玉焼きをひとつ乗せる
それだけで立派な行事食!


9月21日のお月見にはぜひ
いつものお料理にまん丸卵をプラスして
お月見を楽しんでみて下さいね。



 

青空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 


青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら


キッズレッスン「月見バーガー」のパンの秘密

8月も気が付けばもう終盤。
武蔵浦和校では
9月の十五夜をちょっと先取りして
「月見バーガー」が登場★


(写真:日本キッズ食育協会)



ちょっと悩んだのは
『バーガーのバンズをどこで買おう?』
ということ。

子どもたちが
持ちやすい・食べやすい大きさで
もちろん美味しくて
安心して食べてもらえること。



自宅近く(先生は大宮に住んでいます)のパン屋さんや
武蔵浦和近くのスーパーなどを当たった結果

こちらに決めました!



国産小麦100% 『ぱんだちゃん』



前々から
気になっていたパン屋さんなのですが

武蔵浦和駅から教室とは反対方向なので
なかなか足が向かいませんでした。


初めて伺ったのですが
子どもたちと月見バーガーを作るんです
…と言ったら

50人分のバンズの用意を
快く引き受けてくださいました♪



お店はとてもアットホームな雰囲気で
パンダがいたるところにいます。笑。



人気のパンダパン♪かわいい

 


みんなに美味しいパンを食べてほしい
幸せな気持ちになってもらいたい

そんな気持ちが伝わって来るようなパン屋さんでした。




お料理もそうなのですが
心を込めて作ったものは美味しく仕上がりますし

トゲトゲした気持ちで作ると
それなりのものが出来上がります。


このパン屋さんは間違いなく前者。


青空キッチンの子どもたちにも
その優しさが伝わるといいな。

みんなのためにパンを焼いてくれた人に
『ありがとう』の気持ちをもってもらえたらいいな。

そんな願いを込めて
今週はレッスンをしています^^



月見バーガー、上手に出来たよ!



これからレッスンのみんなは
楽しみにしていてね♡


 

青空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 

青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら


子どもの体と心が喜ぶおやつレッスン

ここ数年で人気に火がついた
バスクチーズケーキが
おやつレッスンに登場しました!


本来、バスクチーズケーキは
焼き時間だけでも30分はかかるのですが

今回新しくメニューに加わった
『簡単バスク風チーズケーキ』は

生地を型に流したら
完成までたったの10分!

まるで魔法みたいでしょう?


簡単&時短☆
青空キッチンのレシピって
本当にすごいなぁと思います。



左は、将来パティシエさんになるのが夢のMちゃん。

 


チーズケーキによく使われるのは
クリームチーズですが
チーズにもいろいろな種類があります。

いくつか写真を見ながらお話すると

『これ食べたことある。』
『さけるチーズが好き♡』
『こないだピーマンに巻いたやつ!』

(前回ピーマンの肉巻きにスライスチーズを使ったね。)

 

チーズそのものよりも
パッケージを目にした方が
子どもたちにはイメージがしやすかったようです。


もしお子さんと
お買い物に行く機会があったら
ぜひ売り場をのぞいてみて下さい。

『いろんなチーズがあるね』
『チーズって何からできてると思う?』

ひとこと声をかけるだけでも
立派な食育になります^^




上手に半分こするにはどうしたらいいかな? これも立派な学びです。

 


青空キッチンは食育スクールですから
おやつ作りの中にも、もちろん学びがあります。

甘いお菓子ばかりを食べていいのかな?
おいしいからって、
おやつでお腹をいっぱいにしていいのかな?


小さいうちは
お父さんやお母さんが側にいてくれるけれど

そう遠くない将来、自分の体(健康)は
自分で守らなければならない日がやってきます。

今はその日のための下地を作る時。



今回のレッスンでは
チーズとヨーグルトを使ったので
カルシウムについても触れました。





カルシウムはどんなものに入っているかな??

 


カルシウムはみんなの骨を強くしてくれる
大事な大事な栄養素。

牛乳や乳製品に多く含まれていますが、
調べてみたら
他にもいろんな食品に入っていました。



『ゴマ!?』『ひじき!?』
『えー、小松菜だって!』



学校のテストではないですから
これを全て覚えてほしい訳ではありません。

野菜を食べても骨は強くなるんだな。
いろんなものを食べると体にいいんだな。

なんとなくで良いので
そう感じとってもらえればそれでOK☆





いい匂〜い♪ 完成が待ちきれません。笑。

 


いい焼き色!





温かいうちに食べてもおいしいですし
先生は冷蔵庫で冷やしたのがお気に入り♡

食べて幸せ、体も元気になる
8月のおやつレッスンでした。


※クリームチーズは、他のチーズに比べ脂質が多く含まれています。
食べすぎにはご注意下さいませ。(太っちゃうよ)

 

青空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 

青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら


子どもの好き嫌い/トマトの苦手を克服するには?

子どもの食育スクール
武蔵浦和校で初登場のメニューです♪



トマトつけめん (写真:日本キッズ食育協会)




トマト好きさんたちは「やったー!」

一方、トマト苦手さんは
壁に貼られたメニュー写真を見た時点で
「はぁーー…」
ちょっと気が重たそう。



青空キッチンは通学制の習い事ですから
好きなメニューだけを選ぶことはできません。


苦手な食材が出てくることもあるけれど
自分で料理をすることで
少しでも親しみを持ってもらえたり

お友だちと一緒に挑戦することで
ほんの一欠片でも食べることができたり

そうやって
小さな成功体験を積み重ねていき
自信をつけることを目的としています^^


 

 

何を隠そう、私もトマトが苦手でした。

酸っぱさと、独特の青臭いかんじと
(昔のトマトは、今みたいに甘くなかったのです)
中のぐちゅぐちゅしている部分の食感。

 

でも、ケチャップや
トマトソースは食べられました。

生のトマトは苦手でも
加熱すれば普通に食べられるケースもあるんです。


 

だからトマトが苦手な子には

『〇〇くんがお料理したら
 きっとおいしく変身するよ』

とプラスの声かけをしてレッスンスタートです。

 



こちらは、トマト大好きさんたち♡

 



ひと口大に切っていきます。

この時、小さく切れば
頑張って食べられそうなら
細かく切ってもらって大丈夫。

本人が納得する大きさっていうことが、大事。





お鍋でグツグツしていくと
トマトは自然と形が崩れて小さくなっていきます。


お味見の時には、ほんのひとかけら
小さなトマトを一緒に器によそいました。

大人から見たら「そんなちょっと!?」
と思うような量です。


でも、もしトマトが苦手なお子さんが
そのひとかけらを食べることができたら
たくさん褒めてあげて下さい。


トマトを口に入れることができなくても
スープだけでも飲むことができたら
思いっきり喜んであげて下さい。


味覚は後天的なものですから
経験を繰り返すことで成長します。


トマトを食べた時に
良いイメージが記憶として残れば
苦手克服への道もグッと近くなるはずです。




ちなみに、私が食べた感想は
味はバツグンに美味しいのですが

トマトの皮が気になる子が
いるかもしれないな。

タネの周りのぷるぷるが見えてしまうと
敬遠する子がいるかも…


皮が口に残る感じが苦手なら
前もって湯むきをしたり

タネの部分はスプーンで取り除いたり

できる工夫はいろいろとあります!





それから、周りの大人の人たちに
お願いしたいことが一つ

『〇〇はトマトが嫌いだから〜』

このセリフは子どもさんの前で
決して言わないようにして欲しいです。


子どもさんが特に小さいうちは
身近な大人、パパママの言葉は
影響力が大きいですから

『ぼくはトマトが嫌いなんだ』と
思い込みを与えてしまう可能性があります。



以上、トマトがちょっと苦手な
みゆき先生からのお願いとアドバイスでした★


 

青空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 

青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら