魚だって食べられる!子どもの好き嫌い克服法

今が旬のアジを使った
「アジのさんが焼き」を作りました。

武蔵浦和校では初登場のメニューです^^



小学1年生さんが作ったとは思えない、ステキなお弁当♪

 


「さんが焼き」とは
千葉県の郷土料理「なめろう」を
日持ちがするように火を通したものです。

今回は、アジの身を
フードプロセッサーですり身のようにし
味付けをしてフライパンで焼きます。






子どもさんの好き嫌いの理由には
様々あると思いますが

こと魚に関していえば「骨」が
ダントツ1位の理由ではないでしょうか。


骨があるから食べるのに時間がかかる

お魚を食べた時にチクッとした嫌な記憶がある

骨取るの、めんどくさ〜い!



好き嫌いの原因って
決して味だけではないんですよね。



だったら、苦手の元を
取り除いてしまえばいい!

…という訳で
今回はアジの中骨を抜くのに挑戦です!



3枚におろしたアジの身を
中心に沿って指でなぞると

『チクチクする!』

骨があることが分かります。


見つけた骨はピンセットで
一本一本抜いていきます。



こんなに抜けたよ!

 


本来、アジの中骨は
火を通せば食べられるのですが

自分で骨を抜き
『チクチクしない』ことを確認し
お口に入れても大丈夫!

と認識することで
魚が苦手なお子さんでも
(魚を)口に運ぶまでのハードルが
ぐーーんと下ります。




ちょうどこの週は幼児クラスに
体験レッスンのMちゃんが来てくれていました。

完成したさんが焼きを
パクパク食べる様子に

美味しいね〜
なんて声をかけていたのですが

 

※武蔵浦和校では感染症対策のため試食は一時休止しておりますが
 入会のお手続きの間もう待ち切れない様子だったので^^;
 少しだけお味見しながら待っていてもらいました。

 

聞けば、Mちゃん

家でお魚はまず食べないし

教室に来る道中の車内でも
「作ったやつ(さんが焼き)は
 パパとママにあげる」

…なんて言っていたそうなのです。


だから、お魚料理をペロリと
たいらげてしまった姿には
パパもママもびっくり!

『自分で作ることの凄さを知りました』

…と帰宅後、お母さんが
LINEでメッセージを送ってくれました。




今回は
苦手の元を自分で取り除いて
安心して食べる

という克服法でしたが

青空キッチンのレッスンには
好き嫌い克服の秘密が
あちこちに散りばめられています。


子どもさんの偏食にお悩みでしたら
ぜひ一度、青空キッチンに
いらしてみて下さいね!



お魚丸めるの、楽っのし〜い♪


 

青空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 

青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら


子どもに知ってほしい「いただきます」は○○の言葉

武蔵浦和校の7月のメニューに
「アジのさんが焼き」が登場します。



千葉県の郷土料理だよ。 (写真:日本キッズ食育協会)

 


レッスンで
前回アジを使ったのは、3年前。
アジフライを作った時です。


あの時は、台風だったか長雨だったか
どこのスーパーに行っても

『アジがない!売ってない!』

悪天候の影響で、漁師さんたちも
船を出すに出せない状況だったんですよね。


それ以来、
魚を使ったメニューの登場が分かると
1ヶ月くらい前からソワソワします。

毎日お魚コーナーをチェックしたり
天気予報を確認したり。


だって、たとえ
魚屋さんで予約をしておいたとしても
どんなに欲しくても
入荷がない限り、買えないのです。



幸い今年は、アジは安定して
それも立派なものが出回っているので
ひと安心ですが

それでもレッスンの一週間前から
確保に動きました。
生徒さん全員分、おいしいアジを食べてもらうために…
お魚を好きになってもらうために!






折しも、関東地方は強い雨が降っています。


漁師さん、
魚を捕りに行ってくれてありがとう。

配送の運転手さん、
港や市場から魚を運んでくれてありがとう。

コープ武蔵浦和店の
鮮魚コーナーのお姉さん、
お昼休憩中だったのに嫌な顔もせず
アジを3枚におろしてくれてありがとう。

某魚屋さんのおじさん、
「一切れ50gの3枚おろしがほしいんだ」
「子どもたちがお料理するんだ」
と言ったら

「特別だよ」と言って
大きそうなアジだけみつくろって
袋に入れてくれてありがとう。


※無理を言ってすみません!

 



こちらはイオンのEさん。お魚さばくのがとっても上手!

 


そんなたくさんの人の手を経て
みんなのお口にお魚が届きます。

食べる前には、しっかりご挨拶しようね。

『いただきます』は
『ありがとう』という感謝の気持ちが込められた言葉なんだよ^^







3年前に必死に探し回ったアジは
おいしそうなフライになったっけ。


1尾790円しました。武蔵浦和校では『おアジ様』と呼ばれています。笑


今年はフードプロセッサーで
ハンバーグみたいに変身するよ!

がんばった先生にも、ちょっとだけ
「ありがとう」と思ってくれたらうれしいな♪

 

空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 

青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら


料理を通じて世界に目を向けるレッスン

青空キッチンに始めて
タイの料理が登場しました!

お魚のタイではないですよ。
タイ王国のタイです^^


タイのお料理は辛いものも多いですが
今回作ったのは「ガパオライス」

調味料も身近なもので出来、
子どもたちでも食べやすい味に工夫されています。



パプリカを使うよ〜♪

 



ガパオライスはバジルを使うのが特徴的。

せっかく始めてタイ料理を作ったので
少し長めに時間をとって
タイについてお勉強をしました。




タイの場所を地球儀で確認したり





絵本地図でタイの特徴を見てみたり


ゾウがたくさんいるね。
「虫のスナック」だって。虫食べるの!?
ラフレシアって知ってるよ!超でっかい花!

目に止まるポイントは
その子その子で様々です。


しばらくすると、誰かが気付きます。

『米って書いてあるよ!』

よく見つけました◎
今回、先生が触れたかったのはそこです。






日本もタイも同じ
アジアというグループに属していること。

場所は離れているけれど
どちらもお米を主食にしていること。

お米といっても日本とタイでは
形や種類が違うこと。




タイ米を用意して
普段食べているお米とどう違うか
比べっこ。

日本のお米は丸いけど
タイのお米は細長い。

日本のお米には白い点々がついてる。


※胚芽を取り除いた後の窪んだ部分のことを言っています。


タイのお米は甘いにおいがする。


どっちもお米なのに不思議だね。

お米を食べるという共通点を知ることで
タイという国を身近に感じてもらえたら
うれしいです^^



さて、ガパオライスはどうなったかな?



みーんな、美味しそう!


青空キッチンは、お料理を通じて
子どもたちが様々なことに興味を持つ
きっかけ作りをする食育スクールです^^

ぜひ一度、遊びに来て下さいね!


 

空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 

青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら


子どもの食育は何歳から始めますか?

武蔵浦和校のプレオープンから
通ってくれていたYちゃんが

今日のレッスンを最後に
青空キッチンとお別れをすることになりました。

理由は、
中学受験のお勉強に力を入れるため。


もちろん、会えなくなってしまうのは
とっても寂しいけれど

誰しも時間もお金も有限です。

自分で目標を見つけて
それに向かって頑張りたい子がいれば

青空キッチンの生徒さんで
あろうとなかろうと
先生は全力で応援します(^_^)/





子どもさんが食に興味を示す年齢って
知っていますか?

もちろん個人差はありますが
一般的には3〜9歳と言われています。


小さい頃は台所に付いて来て
「お手伝いする〜!」
と言っていたのに

小学校に入ってちょっと大きくなると
「えー、めんどくさ〜い」
に変わってしまうのは

なんとなく経験がある方も
いらっしゃるのではないでしょうか。




武蔵浦和校の記念すべきオープン初日。Yちゃん7歳。

 



幼馴染で親友のSちゃんも一緒に来てくれるようになりました^^

 


それに加え
小学校の中学年、高学年になると

塾が忙しくなったり
習い事の時間が遅くなったり
家族で一緒に食卓を囲むのも難しくなる。

食に関わりたくても
物理的に時間がなくなってしまう。


中学生になると
部活や受験が本格的になりますから
その傾向はもっと顕著になります。


そう考えると、
子どもさんが食育を学べる期間って
本当に限られた数年間しかないんです。




緑茶の入れ方も勉強したね!

 


青空キッチンは
3歳のお子さんから通って頂ける
食育スクールです。

「うちの子にはまだ早いかな」
「もう少し大きくなってから…」

…なんて思っていると
あっという間に時期は過ぎてしまいます。


もしお子さんが、お料理や
食べることに興味を示しているなら
「今」がはじめ時。

小さい頃に身に付けた食の学びは
未来の健康の土台となりますし
大人になってからもお子さんのことを
支えてくれるはず。


食べることは一生続きますから
一度は経験しておいて損はない習い事だと思いますよ^^




ちなみにYちゃん
「食育がやりたいから」という理由で
志望校を選んでくれたんだそうです。




『みゆき先生から学んだ事は、
大人になって他の人に教えたいです。』

最後にくれたお手紙。
これを読んだ時は、先生泣いちゃったよ。


先生が
青空キッチンを始めると言った時に、
一番最初に「通いたい」と言ってくれたYちゃん。

今までたくさんありがとう!
いつでも遊びに来てね♪



だいぶ身長も抜かされちゃった〜


 

空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 

青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら


牛乳が変身!子どもの心と体を育むおやつ

6月のおやつメニューに
「牛乳くず餅」が登場しました。



(写真:日本キッズ食育協会)

 

 


大人は「くず餅」という食べ物を
すでに知っていますから

メニュー名を聞けばなんとなく
イメージができると思いますが


子どもたちにとっては
「牛乳のお餅?」「???」

牛乳と餅がすぐには結びつかず
思わず首をかしげてしまう子もいました。



くず(葛)にふれるのも、もちろん初めて。じゃりじゃりしてるね!

 


作り方はいたってシンプルです。
材料をお鍋に入れてぐるぐるぐる…

火にかけてみても
甘い香りはしてくるけれど
見た目は牛乳のまんま。



しばらくすると…あっ!




「お餅だー!」




こんなに伸び〜る♪



牛乳がお餅に変わっていく様子に
子どもたちのワクワクが止まりません★




材料に牛乳を使ったので
ワークにはカルシウムについての問いが
ありました。


 

※青空キッチンは、楽しくお料理しただけで終わりません。
経験したことを、さまざまな学びに繋げる食育スクールです^_^

 


今では学校やご家庭などでも
食育に取り組んでいたりするので

「カルシウムは骨を強くする」

ということは小学校低学年さんでも
すんなり答えられる子はいます。


うれしかったのは

『骨が強くなって元気になる!
『骨が丈夫になってたくさん走れる

というふうに答えてくれた子がいたこと。


みんなの体は食べたものでできていて
食べることが元気の源なんだ

…ということを、レッスンを通じて
なんとなくでも感じとってくれていたなら
先生はすごくうれしい!



作って楽しい
食べて美味しい
体も元気になっちゃう

いいことが盛りだくさんの
今月のおやつレッスンでした^^





カルシウムは緑の濃い野菜にも入ってるんだよね!


 

空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 

青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら