23ページ目

【今がお得!】入会金0円キャンペーン【終了しました】

★お得なキャンペーンのお知らせです★



10月1日~10月31日までの間に
新規ご入会下さった生徒さま限定で

入会金0円キャンペーンを実施します!

通常5,400円の入会金が0円になる
とってもお得なチャンス♪

学びの秋、新しいことにチャレンジしてみませんか?

まずは、体験レッスンへGO!




青空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 


青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら


【掲載】INFORMA栄養士版2019夏号

埼玉県さいたま市南区
子どもの食育教室/料理で楽しく学ぼう
青空キッチン武蔵浦和校



青空キッチンのレッスンの様子を
掲載して頂きました!

管理栄養士を目指すみんなを応援する無料情報誌
「INFORMA(インフォーマ)栄養士版」2019夏号
 →WEB媒体はこちら



私の今までの経歴から
どういう思いで青空キッチンの開校に至ったか

子どもの食育をどう広げて行きたいか
いろいろと熱い思いを語らせて頂きました。

声をかけて下さった編集者のSさん
素敵な記事にまとめ上げて下さったSさん
取材に協力してくれた青空キッチンの生徒さん

本当に本当にありがとうございます!


教室に実際の記事も掲示しておりますので
ぜひ一度、ご覧になってみて下さいね☆


子どもにも分かる、旬の食材の見分け方

埼玉県さいたま市南区
子どもの食育教室/料理で楽しく学ぼう
青空キッチン武蔵浦和校



9月に入ってから、
青空キッチンのレッスンメニューも
だいぶ秋めいてまいりました。

「ハヤシライス」&
「きのこのミルクスープ」

きのこが4種類も使われているんです(^^)



きのこ苦手さんにとっては、見ただけで
うぇ~・・・(;´Д`)
となっていたレッスン日でしたが


青空キッチンは通学制の習い事ですから
好きなメニューだけを選ぶことはできません。

苦手な食材も登場しますし
苦手な食材だからこそ、触れて欲しい。


結果的に、どんなに苦手なものでも
一口も口にせず帰る子はほぼいません。

『家では絶対に食べないのに!』

お母さんが驚いた顔をされるのも
おなじみの光景になってきました。



きのこほぐし中~。 ヒーーー!匂いがたまらん~!

 



赤ちゃんエノキ見~つけた♪

 


なんでこんなにきのこばっかりなの!?
ある生徒さんが投げかけた質問に

分かった!旬だからだ!

と答えた子がいました。



さすがです。
「旬」という言葉を知っているだけでもすごいのですが

旬のものは栄養満点でおいしいから

たくさん取れて、お店でも安く買えるから

青空キッチンのレッスンでも
たくさん登場するのを
ちゃんと分かってくれていたんですね★



今はスーパーに行けば、一年中
いろんな食材を入手することができます。

ありがたい事ではあるのですが
季節を感じるという点では

旬が分かりにくくなっているのは
やや寂しい気もします。



秋の運動会の練習してた頃、
青空キッチンでいっぱいキノコ切ったな

そんな記憶が子どもたちの心の中に残りますように。


さて、ハヤシライスの仕上がりは…?



青空キッチンのハヤシライスは、ルゥを使わず素材から手作りです♪

 



小学1年生のMちゃんが、ひとりで完成させました!

 



青空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 


青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら


お料理で考える力を育てます

埼玉県さいたま市南区
子どもの食育教室/料理で楽しく学ぼう
青空キッチン武蔵浦和校



レッスンで
鮭のちゃんちゃん焼きを作りました。

レシピには「野菜は短冊切りにする」
と書いてありましたが

ピーマンがちょっぴり苦手なYくん
少し小さめの四角に切りました。

すると、
にんじんもコロコロ四角いサイコロ型に



どうしてコロコロの形に切ったの?
・・・と聞くと

『ピーマンと同じ (形の方) がいいから』



うん、確かに。
大きさが揃っていた方が火の通りも均一だし
見た目にもキレイ。


彼がどこまで意識して
野菜を切ったのかは分かりませんが

自分で考えて行動したことがスバラシイ★


自分で考えて成し遂げた時の達成感は
大きな自信、自己肯定感につながるはず。





こちらの小学校3年生2人は
いつもは5名の低学年クラスでレッスンしているのですが

お友だちのお休みが重なり
めずらしく少人数でのレッスンでした。


もう一年以上通ってくれている2人。
来年からは高学年クラスに進級するため
この日は

「2人でレシピを見ながら作ってごらん」

とだけ言って、先生は補助に徹しました。



低学年クラスは
「鮭のちゃんちゃん焼き」と
「オクラの味噌汁」の2品を作ります。


青空キッチンのカリキュラムは
全国のどの教室でも同じため

レッスンのおおよその流れを示した
マニュアルのようなものが存在します。


オクラの味噌汁→ちゃんちゃん焼き
の順番で進めるのが本来の流れ。

でも、本人たちは
ちゃんちゃん焼きから取りかかりました。


※それを見て、先生はコンロに乗っていたお鍋とフライパンを入れ替えたのでした。。。


自分たちで野菜の切り方を確認し
調味料の分量を2人分計算して計量
作り方を順番に見ていって



完成したのが


じゃん!



お見事です!


完成品をお母さんたちにも
見せてあげたかったのですが

2人の手際が良かったから
お迎えの時間にはもう、片付けまで完了していました。


本当に本当に2人だけで考えて、
協力しながら完成させたんですよ~



決められた通りに仕上げるのも
もちろん大切なことですが

お料理って、正解はひとつじゃないから

青空キッチンでは、子どもたちに
自分で考える力をつけてほしいなと
先生は思っています(^^)


 

青空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 

青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら


子どものおやつの選び方

埼玉県さいたま市南区
子どもの食育教室/料理で楽しく学ぼう
青空キッチン武蔵浦和校



9月のおやつレッスンは
「チヂミ」でした。

教室には1か月前から
メニューの写真が張り出してあったのですが

『これ何ですか!?』
『え、おやつレッスンでチヂミ!?』

と子どもたちのみならず
お母さん方からも反響続出だったんです。



そもそもおやつというのは
甘いお菓子やスィーツのことを指すのとは違います。


もちろん
甘いもので気持ちをリラックスさせたり
お楽しみの時間をもつことは
心の栄養にもなる、大切なことです。



しかし、育ち盛りの子どもさんにとって
本来のおやつ(補食)の目的は
朝昼夕の3度の食事ではとりきれない栄養を補うことです。


具体的には

体を動かすエネルギー源となる炭水化物

体を大きく強くするために必要な
たんぱく質カルシウム

普段の食事で不足しがちなビタミン類
が補えるとなお良いです。


そう考えると、今回のチヂミは

・小麦粉&片栗粉 → 炭水化物
・豚肉 → たんぱく質
・ニラ&ネギ → ビタミン類

利にかなった
理想的な「おやつ」なのですよ(^o^)



チヂミを焼く間に待ち時間があったので
クイズをしながら

子どもたちに
どんなおやつを食べたら体にいいか
考えてもらいました。



大きくバ---ツ!!


じゃあ、
どんなおやつを食べたらいいんだろう?

焼き芋!
おにぎり!
バナナ!
フランスパンと牛乳!


では、次の問題。
おやつがおにぎりなら、いくらでも食べていい。○ or ×?

だめ---!
バ---ツ!!
太る!
晩ごはんが食べられなくなる!


青空キッチンの子どもたち
ちゃんと分かっています。


おやつとは何か
認識を改めなくてはいけないのは、案外
私たち大人のほうかも知れませんね。



青空キッチンでは、

楽しく調理体験を重ねながら

知っておいてほしい食の知識やマナーを身につけ

健康な体づくりの礎を築きます

 


青空キッチン武蔵浦和校
体験レッスンは随時お申込み受付中です★

体験レッスンについて詳しくはこちら